→トップへ←




突然の子宮内膜ポリープ



 ここには、とこが子宮内膜ポリープになった時の気持ちや経過を書いていきたいと思います。
ここをご覧になるにあたって、不愉快な思いをされたり、何書いてんの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
とこは一つの記録として、またとこがどうしようって思った時にやはりいろいろ検索して調べたりしたので。
何かになれば。。という気持ちです。


【自覚症状が出た!】
 2005年2月 突然の出血。普通に勤務中。出血に気づいた瞬間に『違う!』って思いました。
出血したのは、生理の予定よりもまだ前でした。排卵出血を疑いましたが、その時期とも違っていました。
なので心の中では『やばい!』でした。。。
結納が終わって、こんな症状が出るなんて。。上司には熱があるから内科に行くと言いすぐに近所の産婦人科へ行きました。


【1度目の診察】
 診察の結果(内診)7mmほどの影が見えるとのこと。ポリープか筋腫か・・・・癌かもしれない。とういことでした。
いけなかったなと反省しました。。、大丈夫だろうと、子宮ガン検診をさぼっていました。ほんとに反省。
20才の時救急車で運ばれ大きな病院で内膜症の初期の初期だから定期的に診察したりしてくださいね。と言われていたのに。
定期的に受けていれば、癌の心配までしなくてよかったのに。。と。そして定期的に診察に行っていれば出血する前に
分かったんじゃないかな。。と反省しました。その日は診察して、がん検査をしました。

とこはまだ20台なので地方自治体で行われえる検診の対象ではないのですが、子宮頸ガン検診については、2004年に
厚生労働省が対象年齢を20歳以上と対象年齢を下げるほどなのです。
  →北九州市でもこれだけの検診やってます!参考までに

【2度目の診察】
ガン検査の結果の日。この日の時点ではもう出血も止まっていました。出血自体は1日間少量でした。
ガン検査はセーフ。大丈夫でした。段階でいうとUでした。
この日も不安だったので内診。やはり7mm。ガンはクリアだったので先生が『様子をみましょうか』言いました。

【2度目の自覚症状】
2005年6月またも出血。今回は排卵より前でした。生理が終わったなぁ〜〜〜と思ったら、中2日ぐらいあけたかぐらいでまた!
一瞬『あれ?生理終わってなかったのかな?』とも思いました。がそんなわけないですよね。直ぐ後に『まただ・・・』と・・
次の日に以前の病院へ。診察は前と同様。
先生はちゃんとした検査を。。と言いました。がしかーし!とこが行った病院は婦人科。そう産婦人科じゃなかったんです。
その病院ではそういったいろいろな機械がないので大きな病院を紹介するとのこと。でもそんなの困る。。。。式までまじか。
大きい病院だと診察まで予約して1週間。検査まで予約して1週間。手術まで1週間。2・3日入院。どうしよう。。。

【セカンドオピニオン】
次の日、以前1度だけ行ったことのある産婦人科へ行きました。ここで大きな病院に行けと言われればそうしよう!と思いました
そして診察。診察結果は同じく『丸い影が見えるね 何だろうねぇ』と。
でもそこの先生は違いました。『ガン検査はしたみたいだし、出血したりしてイヤだろうから、取っちゃおうか?』とアッサリ
結婚式があるむねなどを先生に伝えると予定表とにらめっこして 翌週にすぐ手術の予約を入れてもらえました。

ここでとこが思ったのは。絶対ではないと思うのだけど(あくまでもとこの主観です)
婦人系の病院に行く時には、産婦人科を!産科を持つ病院。出産の出来る病院
なぜそう思ったかと言うと、今回の事で、女性の体をトータルして見てくれる。そしてもし何かあったときの設備がある。
そして、きっといろんな場面に遭遇して来たであろう先生がいると思うからです。

【手術】
とこが受けた手術は【子宮内膜掻爬手術】→子宮内膜掻爬とは

AM9時 病院到着  AM10時点滴開始(この点滴は水分程度と血管の確保だということでした。)10分後まずは腕に注射
そしてしばらくして先生が点滴の管に麻酔を混ぜはじめました。それからは意識なし。
しかしながら暴れたらしく(意識なし)麻酔増量になったため目覚めるのが遅れ、気が付いたら14時過ぎでした。
その日は膣内部にガーゼを入れて、いつの間にか座薬まで。そしてしっかり下着も履かされた状態で目が覚めました。
 ※その日のうちにガーゼは取り出すこと。お薬3日しっかり飲む事。1週間ぐらいはお風呂と性行為は×だということ。

手術で取り出した内膜はそのまま病理検査へ出されました。結果は一週間後。

【術後診察1度目】
病理検査の結果を聞きに行きました。ホントにドキドキです。結果は病理検査は良性でした!!!!!!!!!!
よかった・・・・・・

【安心してみて思ったこと】
正直、最初のガン検査の時も、今回の病理検査も、悪い結果が出たら結婚やめよう。。。。と心のどこかで思っていました。
ここにこう書いて賛否両論あると思います。もちろん夫婦二人で問題ないのです。
ただ結婚前にこんなにいろいろあって、彼に申し訳ない。と率直にそう思ってしまいました。
でも一番心配していてくれたのは彼だったと思います。ホントにこれからは今まで以上に自分の体を大事にしなくては・・
と思いました。婦人系だけの事ではなく何でも。

20歳の時に妊娠しにくいかもねーと言われ。でも今回手術後先生はしやすくなってるかもしれないよ。と。
妊娠できますように。。。。やっぱりとこお母さんになりたい。彼をお父さんにさせてあげたい。。がんばります^^♪

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました!

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO